山本一太「かいかくの詩」(Guitar)
 

山本一太「かいかくの詩」 

発売日:平成15
年2月19日
発売元 : (株)東芝EMI
レコード番号 : TOCT-4458

Guitar:Fumiyoshi Kamo

 視聴(Flash):224KB
 視聴(メディアプレーヤー):182KB
 視聴(リアルプレーヤー) :182KB


この曲で聞かれるギターは全て生演奏で弾いています。
今回は計算されたフレージングではなく、ブルージーな感覚を
大事にした「スポンティニアス」なインプロヴァイズを行っています。
なので、ソロもバッキングも殆どが修正無しの1テイク目で収録しました。
打ち込みのバック・トラックにはこのようなアプローチが似合うと
個人的には思います。

ラップ部分のディストーション・ギターのバッキングの多くは
オクターブ違いの全く同じフレーズをダビングしていますが、低い方の
音は6弦の音を1音下げた「Dチューニング」で弾いています。
これは簡単にヘヴィーな音を得られるのでお薦めの方法です。
ただし、弦のテンションが弱くなるので、力を抜いて抑えないと
すぐにシャープした音になってしまうので注意が必要です。

アコースティック・ギターのイントロからのリフはお気に入りですが、
演奏するのは意外と難しく、ピック・アルペジオとカッティングの
複合技で演奏しています。アルペジオからカッティングに移行する
際にグルーブを失いがちなので、ノリノリで弾くように気をつけました。

イントロが終わってラップに入る前に何か一つブレイクが欲しかった
のですが、アコギを適当に弾いていたら「チューニングする時の音」
が良いビブラート効果(うなり)を曲に提供してくれることがたまたま
解ったので、思い切ってここではアルペジオを辞めてナチュラル・
ハーモニクスでチューニング音を出していますが、微妙な弦の狂い
から生じる音のうなりがとても自然に響いて心地よかったです。

ギターソロはもう全く何も考えずに弾きましたが、唯一気をつけたと
記憶しているところはギターソロの終わりでサビに戻ってくるときに
Key=EからKey=C#に転調するところで、フレーズのつながりが
悪くならないように意識して演奏した覚えがあります。
しかし、具体的にフレーズを作って弾いたわけではないので、
このスケールを使ったというような感じではなく、 ただ何となく
トーナリティーを意識して弾いたというだけのアプローチですが、
自分では結構気に入ったソロになりました。



 



(c) 2002. Fumiyoshi Kamo all rights reserved.
-